ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

過緊張に陥る程のプレッシャーは幸せなこと

2016/08/23

以前はプレッシャーとは無縁だった。

お寺の子供だから、幼いときから何十人も参詣者がいる法要に出座していて、ある程度鍛えられたのかもしれない。

しかし、僧侶の修行を自分なりに真剣にするようになってから、緊張する場面が増えてきた。

手が震えたり、声が震えたり、頭から爪先まですべての細胞の感覚が開かれたかのような、ビリビリとしびれるような緊張感。

 

過緊張に陥る程のプレッシャーは幸せなこと

でも、過緊張に陥る程のプレッシャーを感じることはは幸せなことなんじゃないかと思うようになってきた。

毎日をだらだらと生きていると、過緊張とは無縁だし、過度のプレッシャーを受ける程の舞台に立てるということは、誰もが経験することではないから。

 

 

緊張やプレッシャーに立ち向かう!

先頃大リーグで3000本安打を達成したイチローはプレッシャーを感じたときには、そのプレッシャーに対して向かっていくという。

もっともっと大きなプレッシャーを求めるそうだ。

プレッシャーを感じた場面で、リラックスしようとするのではなく、プレッシャーを感じつつも理想的な結果が残せるように心を鍛えるということだろう。

 

プレッシャーが大きければ大きいほど自分が成長できるのは間違いないから!

ぽちっと押して下されば元気がでます。特にはてなブックマークで元気爆発します(笑)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ