ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

過緊張・プレッシャーから力をフッと抜く

2013/04/24

僧侶としての一週間の修行・研鑽の期間が終わった。

合掌している手が震えたり、「顔が小刻みに動いていたよ」と言われるぐらいに緊張した。

この過緊張に近い状態でこれから先やっていけるのだろうか?と多少不安になったりもした。

が、その話を先輩の僧侶にしたら「若いから緊張するのは当たり前だ、僕もあるときフッと緊張している状態から、フッと力を抜くというか、そういう感覚が分かった。まだ若いから急にそうはなれないだろうけど、経験を積んでいくと、そういうのがあるときフッと分かるときが来るよ」との言葉を頂いた。

今回の修行で一番心に響いた言葉だ。

 

過緊張は、より高いレベルに辿り着くためのプロセス

特に過緊張に陥りやすい人は、過緊張は「ネガティブなこと」だと考えているかもしれないが、過緊張を越えて、緊張感を保ちつつ肩の力を抜けるような、より高いレベルに辿り着ける道の途中にあると考えると楽になるように思う。

過緊張・プレッシャーの中で不安に感じるのではなく、一歩引いて、それを「客観的に見つめるもう1人の自分」という感覚が掴めるとネガティブな感情から抜け出すのも速くなると思う。

そういう意識をもって、後は経験値を上げると、緊張感を保ったまま肩の力だけフッと抜いて、より自然体に近い自分になれるような気がしている。

ぽちっと押して下されば元気がでます。特にはてなブックマークで元気爆発します(笑)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ