ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

「面倒だ」気分は実は自分を動かすガソリン

2014/07/14

面倒な気分になったら、面倒だ気分を見つめる。

そしてあまりにも辛いから眠る。

起きると疲れが取れるのと頭がまとまるのか、面倒だ気分は 若干小さくなる。

それで何か出来たら何かするし、無理だったらまた眠り、頭の回復を待つ。

それを長い間、何度も何度も繰り返していくうちに、ついに全く「面倒だ」を感じない世界にたどり着いた!

しばらくは「面倒だ」気分を感じずに活動できていたが、その段階が終わると、心から「面倒だ」気分がなくなっただけで、何もしたくない時間がやってきた。

 

「面倒だ」気分は実は自分を動かすガソリン!

そこで分かったことがある。

実は「面倒だ」気分は実は「怒り」や「不安」と同じように自分を動かすモチベーションだったのだ。

「面倒だ」=「したい」という気分が根底にあって、行動するためのガソリンとなっていたのだ。

 

「面倒だ」って気分をネガティブなこととして捉えていたら回復までは相当長い時間がかかる。

「面倒だ」という気分を感じることは悪いことやネガティブなことではない。

意欲があることの裏返しなのだ。

そうやってポジティブに捉えると、より簡単に「面倒だ」を感じる世界から抜け出すことが出来る!

 

統合失調症のアドバンテージ

統合失調症は繊細になるからちょっとした刺激で頭が疲弊してしまう。

一般の人だったら問題にならないような些細なことが大きなストレスとなる。

それをマイナスなことと考える人が多いかもしれないが、逆に考えると一般の人では解決できない心の奥の深い問題を解決して超自然体な心になる可能性が大きいというアドバンテージなのだ!

ぽちっと押して下されば元気がでます。特にはてなブックマークで元気爆発します(笑)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ