ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

何もしたくない気分が辛いのではなく・・・

2013/07/06

統合失調症の陰性症状ではおそらく多くの人が自分の心と体が思うように動かないことに苛立ちやストレスを感じているように思う。

何かしたい、しなくちゃいけないけど、何も出来ない自分。

そうやって鬱の無限ループに陥ってしまう人も多いだろう。

 

経験上、その鬱の無限ループに陥ると、回復は遠のく。

「焦り」や「不安」や「罪悪感」を捨てて、「何もしたくないときには、別に何もしなくてもいいじゃん」と観念が変化すると、何もしない時間が苦ではなくなってきた。

そのうち心と体が自然と動く時間がやってくるから、それまでは別に何もしないで、のんびりと眠っていて構わない。

 

「何もしたくない気分」それ自体が辛いのではなく「何もしたくない気分や何も出来ない自分が辛い」と心の奥で感じているから辛かったんだ。

「何もしたくない気分」は何もしないでリラックスしてエネルギーを蓄える時間と捉えられれば辛さはなくなるみたいだし、長い時間「何もしたくない気分」に落ち込むことはなくなるようだ。

ぽちっと押して下されば元気がでます。特にはてなブックマークで元気爆発します(笑)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ