ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

面倒だな気分が生まれる理由 5
~ 「俺が、してやっている」という想い ~

2015/01/20

昨年は自分の能力の2段階上を求められるような場面が多かった。

前半は勢いでどうにか乗り越えたのだけど、そのうちに疲れが出てしまって、年末には「何もしたくない」「面倒だ」という気分に侵されてしまった。

時間的にはゆとりは充分にあるのに、何もしたくないから、右肩上がりに仕事が増えて、多少鬱っぽくなったりもした。

 

「俺が、してやっている」から「させて頂いている」へ

この間、ご縁のある大先輩のお寺の手伝いに行った。

面倒で、行くか行かないか迷ったけど、気力を振り絞って行ってみた。

疲労困憊で帰ってくると、お電話を頂き、様々なアドバイスを頂く有難いご縁を得た。

そこで、「してやっていると思うと面倒くさくなる。阿弥陀さまのお導きによって、させて頂いているという心になると、面倒くさい気分はなくなる。むしろ、楽しいと思えるようになる」という金言を頂いた。

 

そこで、ハッとした。

確かに、「しなくちゃいけない」という気分は「俺が」「してやっている」という想念と繋がる。

「この身を借りて、阿弥陀さまのご縁でさせて頂いている」と考えてみると、今まであれほど面倒だったことに対して不安やストレスや焦りを感じなくなってきた。

もっともっと「させて頂いている」という想いが心の内を占めるようになったとしたら、上人のように「楽しい」と思えるときがきっとやってくるのだ。

 

その上人も同じように、「面倒だ」という気分と戦っていた時期があったのだろう。

何かを乗り越えた人のアドバイスは有難い

 

ぽちっと押して下されば元気がでます。特にはてなブックマークで元気爆発します(笑)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ