ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

「今」に集中する

2017/01/25

統合失調症になると社会生活が不可能になってしまうほどに過敏になるから、過去や未来に対する痛みや不安や焦りなどネガティブな想いは何倍にも増して感じられることになる。

その陰性症状の辛さは、普通の人の感覚では耐えられないと聞いたこともある。

 

面倒な気分も倍増される

未来のことを考えて「面倒だな・・・」という気分を感じるとしたら、やはりそれも普通の人が感じる面倒くさい気分の何倍をも感じてしまうということだ。

「今」に集中する

どうすれば「面倒な気分」がなくなるか?

それは様々な要因があり、一言で表すことは出来ないが、解決法の1つが「今」に集中するということだ。

「今」に目を向けて、「目の前にある課題だけこなそう!今はこれだけ!他は考えない!」という意識になると、あれほど強かった面倒な気分が薄くなってきた。

基本的に考えなくてもいいことを「考えすぎ」なのだ。

 

統合失調症は知的レベルが高い

過去に痛み、未来を憂うのは、地球上では知能のある人間だけだという。

知能が高ければ高いほどネガティブな想念に捕らわれてしまうということだろう。

そういう側面から考えれば、統合失調症になった人は知的レベルがワンランク上なのだろう。

今の人類の知能では、そのネガティブな問題が解決出来ないから病気と思われているだけで、もしそれを解決出来たとしたら、やがては翼が生えたかのように活動的になるときがやがてやって来る!

楽しみに♪

もうすぐだと思うよ(*^-^*)

 

ぽちっと押して下されば元気がでます。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
プロジェクト資金カンパのお願い