ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

統合失調症のうつとガチうつは違う

2014/09/18

兄嫁の母が亡くなって、兄嫁の姉がしばらく家で静養することになった。

うつになって、職場から「今調子が悪いみたいだからしばらく来なくてもいいから」と言われたらしい。

顔を見ると、表情がうつろで、周りの空気が冷たくなっているような雰囲気すら感じた。

 

統合失調症のうつとガチうつの違い

感覚的にしか表現できないけども、統合失調症の陰性症状でやってくるうつは、いうなれば手足に鉛の足枷をはめられて泥沼の底まで浸かっているような重さのように感じる。

一方、ガチうつは、漆黒の闇深くに落ち込んで、その人の周りの「空気」をブラックホールのように吸い込み冷たくしているような印象だ。

もしかしたら、これは経験のある精神科医でも区別はつかないかも知れないが、統合失調症になって感性的に開かれた人らなら分かってくれるかも知れない。

似ているが、全く異なる。

だから、僕がこのブログに書いている「うつ」からの回復はガチうつの方にはあまり参考にならないようにも思う。

僕は泥沼の底でもがいてはいたが、漆黒の闇に沈んだ経験がないから。

 

丸岡いずみ「仕事休んでうつ地獄に行ってきた」

統合失調症やうつなどの心の病の方に是非読んでもらいたいとトピックを書いた、元日本テレビニュースキャスター丸岡いずみさんの「仕事休んでうつ地獄に行ってきた」についても、どちらかというとガチうつではなく統合失調症の陰性症状で現れるうつに近いのかなと感じている。

ほぼ完璧に共感出来ることから考えても、どちらかというとあまりにも衝撃的な体験をして、感性がオーバーヒートしてしまい、その反動でやってくる統合失調症の陰性症状で現れるうつに近いように思う。

 

オススメの本で、特に統合失調症で苦しい思いをしている人は、この本で希望を見いだせるのではないかな。

ぽちっと押して下されば元気がでます。特にはてなブックマークで元気爆発します(笑)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ