ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

プチうつ

2014/02/05

僕が長い間苦しんでいたうつは、何もしたくないし何も出来ないから、食事をとることも入浴することも出来ず、ただ睡眠薬を飲んで、長時間、時には20時間ほど眠るしかなかった。

それだけ休んでも、絶望と共に目が覚め、失意と共に眠るような、今思うと酷いうつ症状だったんだと、改めて思う。

あれ?うつから抜けたみたい」という記事を書いたのは、その絶望的な心境のうつから完全に抜けたと感じたからだろう。

うん。

絶望と失意のうつは全くなくなっている。

 

プチうつ

しばらくは好調だったが、数日前よりちょっとだけ心が重くなる「プチうつ」がやってくるようになった。

今までのような絶望感を伴う酷いうつがなくなって、心のより深い部分にあったうつが見えてきたと言うことだろう。

今度はその小さなプチうつを浄化する段階に入ったということだ。

 

プチうつも、もちろん気持ちの良いものではない。

しかし、食事は出来るし、睡眠薬で延々と眠らないといけないほどに逃避する必要もないし、何よりブログを書くだけのゆとりはある。

 

うつにも段階がある

うつにも段階があって、大きなうつを解決すると、それに隠れていたちょっとだけ小さなうつが表面に出てきて、それを解決すると、それに隠れていたそれより小さなうつが出てきて・・・というステップを繰り返すのだ。

 

プチうつになると、以前のように睡眠薬に逃避して長時間眠っていた方が楽だったんじゃないか?とすら思うが、実際はそういうことはない。

長時間睡眠に逃避する必要がないということは、それだけ心身の摩耗が少ないと言うことだから。

 

普通の人では見えない心の問題を解決できる!

統合失調症や心の病を持っている人は、繊細だから、普通の人が意識できないような深い心の奥にある問題まで解決できる力を持つと同義だと感じている。

大きな心の問題を解決し続けていくと、一般の人では感じず、知らず知らずのうちに心身を蝕んでいるような繊細なうつや心の問題までを解決できるということだ。

 

そうやって心の奥にある繊細な問題まで完全に解決したとしたら、いつか僕たちは普通と呼ばれる人たちに繊細な心の問題を解決する方法を教えていく立場になるのかもしれない。

ぽちっと押して下されば元気がでます。特にはてなブックマークで元気爆発します(笑)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ