ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

何もしたくない気分
~ 戦わず、ただ受け入れよう ~

2012/08/30

「何もしたくない・・・」そういうときには、本当に「何もしない」方が良い。

 

僕の場合締め切りがあるから仕事をしなきゃ!とか、病気になったことに対する焦りや不安やイライラで何かしなくちゃ!などと無理に自分を動かしてきた。

若く強靱な精神力とそれを支える体力があれば、それも可能だったが、反動がハンパなく酷かった。

 

僕は4年ほど北京やウィーンを行ったり来たりする生活をしていた。それから逃げだし家に帰ってきても、3年ほどは何もしたくなかった。

海外で無理をした反動だ。

 

例えば、「締め切りが○○日だから、やらなきゃ!」と考えると、それを考えるだけでネガティブになるし、ネガティブな波長のまま仕事をやってしまうことになる。

 

そういうことに疲れて、「何もしたくないときには何もしなくていいや。したいときがやってきたらすればいい。もししたいときが来なかったら徹夜してでも済ませればいいや。」と意識が自然と楽な方に向いた。

 

そう考えられるようになると、「何もしたくない」→「鬱」のパターンが変化した。

単に「何もしたくない」気分だけで、その先にあった鬱気分まで落ち込むことがなくなった。

そうなると、しばらく「何もしたくない」時間をのんびり過ごしていると、自然と「やってみようかな」という時間が来て、楽しんで仕事も出来るようになってきた。

精神的にはこちらの方がかなり良い。以前はやりたくない仕事を無理矢理やっていたのが、今はやりたいことをやりたいときにやっているのだから!

 

「やりたいことをやりたいときにやっている」という感覚でやると効率も良くなるし、締め切りにゆとりをもって仕事が終わることが多くなってきた。

 

何もしたくない気分と戦うんじゃなくて、そのまま受け入れよう!

ぽちっと押して下されば元気がでます。特にはてなブックマークで元気爆発します(笑)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ