ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

陰性症状と感情の鈍磨

2014/10/03

陰性症状では、単に疲労しやすいだけでなく感情や意欲も鈍麻してしまう。

喜怒哀楽の「喜び」「楽しみ」を忘れ、楽しいことを考えられずに鬱っぽくなってしまって、心から笑うということが難しかったり、意欲の減退で何もしたくなかったり、したくても何も出来なかったりと。

 

しかし、それも回復のプロセスで、心の課題を1つずつ丁寧に解決していくと、そのうちに「何もしなくてもただここにいるだけで幸せ!!楽しい!」というような理想的な状態にまで回復する可能性を秘めている。

 

これも統合失調症になった福音だ。

一般の人では見えず、そのため解決の糸口すらなく、心の奥で腐臭を放っている、深い心の闇の中にある問題を解決して超自然体になれる可能性があるということだ。

そういう穏やかな世界が、感情の鈍麻の先に待っているということを知っていれば、楽になるかもしれない。

ぽちっと押して下されば元気がでます。特にはてなブックマークで元気爆発します(笑)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ