ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

何もしない時間に頭の回路を再構築!!

2014/11/04

陰性症状では、「何も出来ない」自分が嫌で、どうにかしてその状態から抜けだそうとしがちで、無理矢理に重たい心と体を動かしていると、状態は更に悪くなり、いつまで経っても陰性症状から抜け出すことは出来ない。

 

しかし、「何も出来ない」時間に、本当に何もしていないかというと、そうではない。

陰性症状のときには、「何も出来ない」のではなく、脳のバックグラウンドで脳の回路を再構築しているのだ!

何かに意識を集中させていない「アイドリング状態」時に、脳の一部は活発に活動している。このことが、意識的な脳活動にとって非常に重要であることがわかってきている。
http://wired.jp/2014/08/22/brain-neutral/ より引用

 

陰性症状は「バックグラウンドで頭の再構築をしている時間だ」とポジティブに捕らえることが出来るようになると、陰性症状と戦わずに、ただのんびりと頭がまとまるのを待っているような心境になる。

そういう心理状態になり陰性症状にストレスを感じなくなるとあんがいとすんなり陰性症状から解放される。

 

海外のアートフィールドにいた頃は「hoshuは仕事に取りかかるまで時間が掛かるが、いったん取りかかると完璧な仕事をする」と言われたことがある。

僕らは感性的に繊細だから、普通の人が10感じる場面で20の情報を得たりもする。

ということは即ち、それをまとめる時間は普通の人より長い時間が必要ということだ。

しかし、いったん頭がまとまると、普通の人以上のことが完璧にこなせるようになる大器晩成型にならざるを得ないということだ!

ぽちっと押して下されば元気がでます。特にはてなブックマークで元気爆発します(笑)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ