ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

陰性症状になる理由
集中した後、頑張った後の反動

2014/11/27

以前は、集中したり、頑張った後には必ず反動の陰性症状がやってきていた。

病院に診察に行くと、それだけで疲れて1週間ほど寝込んだり、勤行があると必ずその後は昼寝してしまっていたり。

集中した後や頑張った後には必ず陰性症状がやってきていて、ちょっとしたことで陰性症状に陥ってしまうのが嫌でしょうがなかったが、そうちに反動の陰性症状もスケジュールに組み込むと、上手くいくようになった。

 

陰性症状は次第に軽くなっていく

今年は、今考えるとよく乗り越えることが出来たな、というほどの慌ただしさだった。

で、今までの疲れがドッと出て何もしたくない気分になってしまっているが、以前のように酷いものではない。

ブログの更新が多少なりとも出来るし、逃避的な行動もあまり必要なくなっている。

陰性症状的な症状でも、半分は「何かしたいなぁ」という気分がやってきている。

 

集中した後や頑張った後の反動は、次第に軽くなるみたいだ。

そういえば、最近は、診察に行っても一晩ぐっすり眠れば、大丈夫だし、勤行後も昼寝が必要なほど疲れはしなくなった。

何事も経験だ。

経験して、自分の能力を高めることで、集中した後や頑張った後の陰性症状が軽くなる。

ぽちっと押して下されば元気がでます。特にはてなブックマークで元気爆発します(笑)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ