ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

陰性症状から回復しようとせず、ただ待つ

2014/03/19

ここ数日は体調的にも心理的にも、劇的な回復をして、気分はノリノリだった。

でも、ポジティブになった好転反応なのか、今日は気分が重かった。

久しぶりに気分が重かったから、「このままずっと回復しないんじゃないか?」という重たさに捕まってしまって、悶々と「どうしたら回復するのだろう」などと落ち込んでいた。

そのうち、それがあまりにも辛くなって睡眠薬を飲んで睡眠に逃避した。

 

陰性症状と戦ってはいけない

「陰性症状になると、このままずっと回復しないのではないか?」という想念が心いっぱいに広がる。

そのために、どうにか回復しようとして、重い体と意識を無理矢理動かして、もがくことが多い。

でも、それで回復することは僕の経験上ない。

陰性症状と戦ってしまうと、一時的には好転しても、逆に陰性症状は酷くなるし、苦しむ期間も長くなるだけだ。

 


陰性症状は、ただ待っていれば好くなる

陰性症状が酷いときでも、ただそれを受け入れ、待っていると自然と回復するものだ。

「待ってれば良くなる」と知れば、案外とあっさり陰性症状から回復できる。

 

ただ、1つ気をつけないといけないのは、陰性症状にどっぷり浸かってしまうと、「待ってれば好くなる」ということを忘れてしまうことだ。

「この苦しみが永遠に続く」ような錯覚に囚われやすい。

 

僕も、「陰性症状回復のためには、ただ待ってるだけで好い」ということを忘れがちになるので、こうやってブログに記録してみた。

自分が調子悪いときなどは、自分の書いた過去記事を読んで楽になることも多いのだ(*^_^*)

ぽちっと押して下されば元気がでます。特にはてなブックマークで元気爆発します(笑)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ