ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

contents どのように気持ちの折り合いをつけるか

2015/02/06

ブログを拝見し、眠ること休むことも仕事、より高いレベルで寛解するために今はゆっくり焦らず寝る、と思い直していたところですが、やはり長年の経験上、何もせず横になって寝続けていることに「罪悪感」や 「焦り」の気持ちがあります。

その辺りを、どのように気持ちの折り合いをつけていったか、アドバイスを頂けると幸いです。

 

長い間、焦りや不安や罪悪感と共にあった。

その状態から抜けたのは、極々最近のことかもしれない。

 

「焦り」や「不安」や「罪悪感」をガソリンにして動くと、短期的には活動できるけど、ネガティブな思考から動いているから長い目で見ると、結果もネガティブになりがちだし、体調も崩しがちで、最悪の場合再発したりもする。

 

僕の場合は、ネガティブな感情をガソリンにすることに疲れてしまって「もうダメだ。回復は無理だ」と諦めて眠るだけしか出来ない時間を過ごすと、逆説的だが劇的な回復に繋がったように思う。

 

経験を積み重ねる

昔の自分にアドバイスをするとしたら、諦念を感じるまで「不安」や「焦り」や「罪悪感」と戦う必要はない。

自分の状態を客観的に見つめ、経験を積み重ねることだ。

 

「焦り」や「不安」や「罪悪感」で動いた結果が、心から望むものではないと知ること。

自然な意欲が生まれる感覚を何回も繰り返すこと。

そうすると次第に、陰性症状のときには、回復するまで休むことが最良だと気づくようになる。

 

ぽちっと押して下されば元気がでます。特にはてなブックマークで元気爆発します(笑)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ