ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

すべてのネガティブを越えた「穏やかな世界」

2012/11/21

最近の怒濤のブログ更新は、爆発的な回復期だったということと、それを書くことで今までに感じたことのないような楽しさを感じていたからだ。

 

昨日からその波長が変わった。

なかなか寝付けない入眠障害で長いこと苦しんだのだが、穏やかな波長で深い眠りに落ちた。

そうすると、起床後に常にあった心の重たさやイライラを感じることもなく、起きた直後から心が穏やか。

どちらも統合失調症発症後「初」のことだ。

 

今、穏やかさと共にある。

月を映す、波風の立たない湖面のように。

 

これまでは、楽しさと穏やかさが交互にやってくるのではなくて、悪い意味での「興奮状態」と「うつ・気分の重さ」が交互にやってきていた。

これからは、純粋な楽しさ(ワクワク)と穏やかさ(静かな平安な心)が交互にやってくるんだということははっきりと分かる。

 

僕の中で何が変化したのかというと、「うつ・気分の重さ・焦り・不安・怒り」などのネガティブな感情をすべて受け止め、浄化し、次の段階にたどりついたからだと思う。

ある一定のレベルを超えると、自分の繊細さより、ネガティブな心の問題の方が小さくなって、穏やかさがやってくるようだ。

 

そうなるまでには、今考えると一瞬だけど、その苦しみの中で過敏すぎる心を持ちつつ過ごすと言うことは、想像を絶するほどの痛みと戦っていたんだと、今は分かる。

ぽちっと押して下されば元気がでます。特にはてなブックマークで元気爆発します(笑)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ