ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

谷間にある絶頂
~ 永続する穏やかな幸福感とともに ~

2012/12/03

専門医でも統合失調症の陽性症状は、覚醒剤を使用した人と見分けが付かないそうだ。

それほどに脳が心地よさを感じることは、何回も病気のハイパーモードを経験したことで分かる。

ホントに自分が神になったような全能感がともにある。

それが統合失調症が再発しやすい病気である一因であると思う。

ハイパーモードの快楽を求めていた時期

僕も、最近までは、ハイパーモードで感じる、あの神になったような全能感を感じたくて、そちらの方向に目を向けていた。

ハイパーモードの快感を感じたいがために、睡眠時間を削ったり、こなせるわけないじゃん?っていうぐらいの仕事を入れたりして、その快感を味わっていた。

でも、それは病気と紙一重だから、そのハイパーモードの繊細なレイヤーに長くとどまれれば最高だと感じていた。

谷間にある絶頂

確かに、ハイパーモードに近くなると、普段の人では絶対に感じないほどの快感がある。

しかし、それは長くは続かないことが、何回も経験していくうちに分かってきた。

その楽しさは花火のように一瞬で去って行き、その後に残るのは反動の鬱であったり心の重さであったりした。

 

それを繰り返すことにいい加減疲れてきて、求める方向性を変えてみた。

即ち、ハイパーモードとは真逆の、谷間にある幸福感だ。

この谷間にある幸福感に気づくと、本当の絶頂はハイパーモードの頂点にあるのではなくて、谷間の穏やかさの中にあるのだと気づいた。

穏やかな幸福感だから、楽しさは永遠に続くのではないかとすら感じている。

ハイパーモード以上の仕事が出来る

2012/12/18

このブログを更新していて、感じることだが、最初の1週間ぐらいは、勢いで、いわゆるハイパーモードでやっていた。

そのぐらいの時期に普段なら更新を止めるのだが、今回は更新が長く続いている。

谷間にある穏やかさを求めようと意識を変えたからだ。

谷間の穏やかさの中にある「神のような全能感! It's Automatic!

それこそが求めるべきものだったんだ・・・。

ぽちっと押して下されば元気がでます。特にはてなブックマークで元気爆発します(笑)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ