ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

「ポジティブ:ネガティブ=51:49」が理想

2014/02/01

このブログを読んで、「この人、病気に対してやけにポジティブに捉えているな」と感じる人もいるかもしれない。

でも、それはポジティブなときしか書けないからそうなっているだけで、実際の僕は「ポジティブ:ネガティブ = 51:49」を目指している。

ポジティブ:ネガティブが50:50が安定している状態なら、少しだけポジティブが優勢になっている状態だ。

 

確かに、病気のときは、ポジティブ100%を目指していた時期もある。

たまに成功してポジティブ100%で活動は出来るけど、その後の陰性症状が辛いのと、ポジティブでないといけないという想念に捕らわれてしまって苦痛の方が多くなる。

 

「ポジティブ:ネガティブ」を言い換えるなら「ワクワクすること:ワクワクしないこと」とか「陽性症状:陰性症状」などと言い換えても良いかもしれない。

ちょっとだけ、ポジティブ、ちょっとだけ陽性症状が優位、ちょっとだけワクワクすることの方が多い。

51:49を目指したら、楽になるし、もし不安定になってもぶり返しは49:51だから、楽に50:50の安定した状態になれる。

 

多くの人はポジティブ思考というと100:0を目指しているように思うけど、より安定して楽しむためには51:49ぐらいがちょうど好いんじゃないかな?

ぽちっと押して下されば元気がでます。特にはてなブックマークで元気爆発します(笑)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ