ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

ポジティブ思考とは「感謝」すること!

2016/04/03

「余命○ヶ月の癌を宣告されたけど、いつの間にか癌が無くなっていた。」というような手記を読むと「癌になって今まで感謝できなかったことに感謝できるようになった」というのが回復した患者に共通するのではないかと感じるようになった。

周りで支えてくれている人への感謝だったり、過去に対する観念の変化であったり、自分の身体に対する感謝だったり。

 

病気になると、最初は「何で自分がこんな目に遭わないといけないんだ!」と感謝とは真逆の想いが生まれると思う。

僕にしても、発病してしばらくは、「この世には神も仏もない」と、お寺で生まれ育ったというのに臆すること無く「僕は無神論者です」と人に言っていた時期もあることだし(笑)

 

しかし、肉体的にも精神的にも苦しみの限界を経験すると、やがて「感謝」の気持ちが自然と生まれてきたように思う。

どんなことにでも「感謝」出来るようになると、人間関係がスムーズになり、心身の回復力が高まり、環境的にも整い、金銭的にも豊かになりとステキなことばかりだ。

苦しみの真逆に存在する、ありとあらゆることに感謝出来るようになるというのが、病気になって好かったことかもしれない。

むしろ、それを学ぶために病気になったのかな、とすら思うし、普通の人は「当たり前」で感謝の念が生まれない場面でも感謝できるようになったというのは、とても嬉しいことなのかもしれない。

ぽちっと押して下されば元気がでます。特にはてなブックマークで元気爆発します(笑)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ