ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

トラブル続きの時は新しい世界に入る準備期間

2016/09/17

最近は、何かとトラブル続きだ。

コーヒーメーカーが壊れたり、パソコンの調子が悪くてwindowsを再インストールする羽目になったり、仮歯が取れたり、虫歯になってしまったり・・・。

はぁ・・・。

上手く行かないなぁ・・・。

と、落ち込んだりイライラするよりも、トラブル続きのときには、自分の波長が上がって、新しい世界に入るために今までのウミが出ている移行期間だと考えると楽だ。

そうすると、環境や人間関係が変わってスムーズに新しくより良い波長の高い世界にたどり着ける。

 

コーヒーメーカーも修理に出せば好いだけだし、パソコンもwindows8.1からwindows10にバージョンアップして更に快適になったし、仮歯もちょっと接着力の強いものを付けてもらって不安もなくなったし、そのときにちょうどキャンセルが出て虫歯の治療もしてもらった。

 

再生のためには破壊が必要

例えば、戦争で日本中が荒廃して、そこから復興して今のようなステキな世界が出来上がった。

統合失調症という病気も、精神的にも肉体的にもどん底まで落ち込み、その後回復して以前よりも高い能力で動けるようになる。

再生のためには破壊が必要だ。

 

状況にどういう意味づけをするかが重要

一時期傾倒したバシャールの本に「全ての状況は中立で、それ自体には何の意味もない。その状況にどういう意味付けをするかで未来の展開は決まってくる。」という一節があった。

例えば、駅のプラットホームで、電車に朝乗り遅れたとき、イライラして、そばの駅員や通行人を怒鳴りつけると、悪い現実がその後現れるが、意識を切り替えて、「この状況は、きっと良いことが起こる前触れだ。会議には遅れるかもしれないが、その後もっといいことが起こるだろう。」と思ったら、次に来た電車で、昔の旧友に出会い、その会議に行くよりも、もっといい展開が始まるようになるという。

「現実」は、100%自分が創っている。

トラブル続きのときには、新しい世界に入って新しい展開が生まれることにワクワクしよう!

 

その名は、バシャール [ さとうみつろう ]

その名は、バシャール [ さとうみつろう ]
価格:1,728円(税込、送料込)

 

 

ぽちっと押して下されば元気がでます。特にはてなブックマークで元気爆発します(笑)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ