ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

第三段階:普段の生活でリラックス出来る段階
~ 普通の人よりも深く穏やかな世界 ~

2012/12/28

最近になって、普段の生活でリラックス出来るようになった感覚がある。

今までは、心のどこかで何か重たい問題があって、なかなかそういうリラックス感を感じることはなかった。

たまに入浴中に感じたり、旅行先で感じたり、とちょっとだけ特殊な状況でないとリラックス出来なかったように思う。

 

普段からリラックス出来るようになった理由

「怒り」「希死念慮」「抑圧された感情」「トラウマ」「うつ」「イライラ」「焦り」「過去への痛み」「何もしたくない気分」「不安」・・・

今まで僕が向き合って解決したであろう、心の奥にあった問題だ。

こうやって振り返ってみると、これだけのネガティブと向かい合ってきた自分ってすごいなって正直に思うし、どれほどの苦しみを乗り越えて、今この穏やかなリラックス感とともにあるのだろうと考えると、感慨深い。

どれ1つとってもその感情から自由になるのは簡単な道ではないように思うから。

 

一般の人では感じられないほどのリラックス感

多くの人は心の奥に何らかの問題を抱えつつ生きていることが多い。

統合失調症を発症し、感性的に開かれると、普通の人が無意識に抱えている問題を、その繊細な感覚で見つけだし、解決出来る可能性があるということだ。

その繊細な感覚でしか捉えられない問題を解決した世界で感じるリラックス感は、一般の人はまず感じられないほどに深く穏やかな世界だから!

もう少し!

1つ1つ心の問題を解決していくと、ある時点からネガティブよりポジティブが大きくなる。

そうなると、ポジティブの力は強いから、雪だるまを転がすように心も病状も環境も、良い方向に激変する。

この文章が目に入った人は、たぶんそれまで、もう少し!

今、辛いかもしれないけど、乗り越えたら本当に病気になって良かったと思えるから!

ぽちっと押して下されば元気がでます。特にはてなブックマークで元気爆発します(笑)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ