ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

時間的「ゆとり」を感じる!

2013/09/22

時間的「ゆとり」を感じるようになってきた。

かといって仕事の量が減ったわけではない。

1年以上前から準備していた大会が10月1日にあって、その準備でむしろかつて無いほど忙しい。

でも、時間はたっぷりあるからのんびりしよう、時間はたっぷりあるからやりたいときがやって来るからそのときにすればストレスも少ないな、というような感覚がやって来た(初)

この感覚を得られると、同じ量の仕事を「今までより能率良く、出来上がる質も上がり、ストレス少なく、ゆとりをもって、更に楽しんで」こなすことが出来る。

良いことしかない (*^_^*)

今の僕にとっては理想の時間の使い方だと感じている。

時間的「ゆとり」を感じられるようになるまで

発病してまもなく17年になる。

常に何かに追われている段階が15年間、時間がない!でも焦ってもゆとりをもっても同じと感じながら活動したのが1年間、「ギリギリ」は実はかなり「ゆとり」ある状態だと分かって活動したのが2週間。それが過ぎると自分でも驚くほどあっさりと時間的「ゆとり」を感じるようになった。

初期の頃は、状態は全く変わっていないような感覚もあったけど、頂点を目指して上昇していく螺旋階段のように、回復はしだいに早くなっていくと知ると希望にもなるだろう。

 

こう考えると統合失調症の闘病中の多くの人は常に何かに追われて時間はあっても心にゆとりはなく、従って時間はあっても時間的「ゆとり」を感じていないという矛盾のような現実を生きているのかもしれない。

しかし、こうやって僕が辿ってきた指針があることで、ここまで長い時間をかけずに、心のゆとりから生まれる時間的「ゆとり」を感じてくれる人が1人でも生まれたとしたら、とても嬉しく思う!

ぽちっと押して下されば元気がでます。特にはてなブックマークで元気爆発します(笑)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ