ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

集中力の劇的な回復

2015/03/17

記憶や思考や判断力が衰えて焦っています。
完治は 出来るのでしょうか?

統合失調症では、記憶力・思考力・判断力が奪われてしまいちょっとしたことが出来なくなってしまう

僕の場合、テレビの場面転換が理解不能になった、落ちているマッチが拾えなくなったりと、そうぞうを絶するほどのストレスだった。

 

前頭前野の過剰な活動亢進

それを多くの人は薬の影響じゃないかといぶかるが、すべてを薬のせいにしてはいけない

実際はそういう症状が出るのがこの病気なのだ。

以前は脳の機能低下と考えられていたが、近年は統合失調症の機能低下は、前頭前野の過剰な活動亢進によってもたらされていると考えられるようになっている。(岡田尊司 「統合失調症」その新たなる真実)

どういうことかというと、頭があまりにも働きすぎて、かえって働かないということだ。

 

超高性能精密エンジン!!

僕は、その状態を超高性能精密エンジンを積んだ状態に例えている。

超高性能精密エンジンは、その能力を発揮すると、一般の人ではたどり着けないような、超越した感性を開きつつ人生を謳歌できる。

しかし、精密であるが故に、ちょっとした普通のエンジンでは問題にならないようなことが、その動きを妨げてしまうことになってしまう。

すなわち、目に入るゴミのようにちょっとしたストレスでその機能を停止してしまうということだ。

 

超越したスピードで!!

しかし、言い返すならば、ひとたびその効率的な使い方を知ってしまうと、超越したスピードを発揮できるようになる!

そのためのヒントは、超自然体。

いつか、感性と集中力が開かれて、驚くほどの速度で活動できるようになる。

もちろん適切な治療で完治するし、それ以上の能力が開発される!!

楽しみにしていればいい。

 

ぽちっと押して下されば元気がでます。特にはてなブックマークで元気爆発します(笑)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ