ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

ストレスの渦中にあるときにはそれに気付きにくい

2016/09/22

最近はずっとお腹の調子が悪かった。

生活リズムが乱れて、食事をせずに、水分ばかり取っているからかなと感じていたが、実はストレスが原因だった。

何がストレスだったかというと、昨年末から進んでいたお見合いの話だった。

それは残念ながら?ダメになって多少は凹んだけど、実をいうと心から望んではいなかったから、楽になったしお腹の調子も回復してきた。

 

ストレスの渦中にあるときにはそれに気付きにくい

ストレスの渦中にあるときには、それがストレスと感じにくいようだ。

ストレスから自由になって客観視出来るようになると、「ああ、あれはストレスだったんだな」とようやく気付く。

 

身体の声に耳を傾ける

ストレスが大きいと、メンタル的な不調はもちろんのこと、身体にも不具合が出やすい。

生活リズムが乱れたり、身体に不具合が出たら、「何かしらストレスを感じているのだな」と身体の声に耳を傾け、客観的に自分を見つめることだ。

そして、ストレスの原因がこれじゃないかな?と感じたら、常識や世間体を気にせずに、そこから離れたらいい。

僕にしたら、心から望んでいないお見合いをこちらから断ることだったかもしれない。

我慢してストレスに耐えていると、それが何か大きな病気に繋がってしまうかもしれない。

 

このブログを読んで少しでもストレスから楽になる考え方や生き方のヒントになると嬉しいと思っている。

ぽちっと押して下されば元気がでます。特にはてなブックマークで元気爆発します(笑)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ