ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

ストレスが大きいときにはやり方を変える

2016/08/07

統合失調症になると、大きなストレスに晒される。

統合失調症自体がストレスの大きな病気であるし、神経が過敏になっている分、剥き出しの心に、そのストレスを何倍にも感じてしまう。

一般の人であれば、そのストレスに耐えられないと聞いたことがあるが、心から同感。

 

ストレスを根性で乗り越えるのはやめる

それほど大きなストレスを抱えていても、回復のために無理して根性でどうにかしようとしていた時期もある。

病気になったときに、大正生まれの祖父などは「こなくそー!と思って頑張らないといけない」と言っていて、それ以外回復できる道はないと無邪気に信じていた。

どれだけ大きなストレスを感じても、根性で乗り越えようとしたが、やはり大きなストレスを感じながら始めていることだから、結果は完全に崩壊することが多かった。

根性でどうにかしようというやり方では回復が遠のく。

 

陰性症状が酷くなった時期

そういう経験をくり返すと、心が折れて、根性で乗り越えることは無理になって、酷い陰性症状で何もする気がしない時期がやってきた。

今考えるとこの時期が1番辛かったかもしれない。

長い陰性症状との戦いだったが、様々な心の問題を解決するにつれ、よりストレスの少ない考え方が出来るようになって、ゆっくりとだが自然なやる気がやってくるようになってきた。

 

ストレスを感じるならやり方を変える

何かをしていて、ストレスを感じ集中力がなくなるなら、いったん距離を置いて、「何をストレスと感じていて集中力が落ちているのだろう」と考えて、修正していくことだ。

修正をくり返すことで、あまりストレスを感じずに集中して活動出来るようになってくる。

ストレスが少ないと、効率的だし、集中出来るし、何よりも楽しいから!

ストレスが大きく集中力が落ちて効率が悪いときには、根性で乗り越えるのではなく、ストレスなく集中してやれるやり方にシフトしていくことだ。

ぽちっと押して下されば元気がでます。特にはてなブックマークで元気爆発します(笑)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ