ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

ストレスが少ない生活を心掛ける

2016/07/22

以前のような過眠傾向もほとんどなくなったし、昼寝をすることも少なくなった。

生活リズムが安定してきて、今は「最小限のストレスで、最高の集中力で、最大の効率で、最大の満足感で!」ということを考えるようになった。

 

闘病中は無意識にストレスの少ない方法を探していた

僕の統合失調症は主に陰性症状が主だった。

陰性症状の重さは一般の人では耐えられない程だと聞いたことがある。

そういうときに、多くの人は「正しい生活リズムでないと治らない!」と信じて疑わないが、僕は真っ向から否定した。

眠りたいだけ眠る。

食べたくなったら食べる。

やりたくないことはしない。

 

陰性症状の患者に正しい生活リズムを求めるのは、生まれたての赤ちゃんに8時間睡眠を強制するようなものだ。

それでは、いつまで経っても本当の意味で寛解することはない。

 

その時々で、ストレスが1番少ないと直感した方法が、長い目で見ると高いレベルの寛解にたどり着く。

 

何か1つからはじめる

生活リズムが自然と整ってきたら、意識して「よりストレスの少ない方法」を探ると好い。

それは、「集中力・効率・満足感」が最も得られるやり方だ。

何か1つからはじめればいい。

僕はブログをストレスなく更新することから考えている。

 

このブログにしても以前は、現実逃避的に、あるいは焦りか、365日24時間ずっと更新のことを考えていた。

しかし、それでは効率も悪いし、24時間ずっと集中していられるワケでもないし、満足感も得にくいし、ストレスも多かった。

最近は、夜眠って、頭がまとまった朝に1つ書き、1日過ごした気付きを夜書くリズムにしている。

それ以外の時間では更新を考えない。

そのやり方が、集中出来て、効率も好く、ストレスが少なく満足感が大きい。

ぽちっと押して下されば元気がでます。特にはてなブックマークで元気爆発します(笑)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ