ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

完璧主義からくる強迫観念のようなもの

2015/01/03

昨年の後半から、あまりにもやることが多すぎて、何もする気が起きなくなってしまった。

だいぶ落ち着いてきたので、「これじゃやばいな・・・」と感じ、何もせずにただ内観して何が問題なのかと考えてみると、「完璧でなくちゃいけない!」という強迫観念のようなものが根底にあるのだと気づいた。

実家がお寺で、幼少の頃から「僧侶は完璧な人でなければいけない」というように無意識に強く感じていたのが原因だろうか。

 

ブログにしても、「毎日更新しなきゃ!」とか「完璧なサイトを作らなきゃ!」というような意識の底にある強迫観念のような完璧主義で全く身動きが取れなくなってしまったいたように感じる。

そうなると心理的に疲れ果て、また脳も疲れ果て、何も考えられない状態に陥り、活動する意欲も奪われた感じだ。

 

意識できない問題はそれを見つめるだけで楽になる

しかし、自分の内に「強迫観念のようなもの」があると気づいただけで、急に楽になり、ゆとりも生まれてきた。

心理的にいっぱいいっぱいのときには、その原因は状況よりも不自然な自己の心理から生まれるようだ。

意識できない問題は、深く内観し、それを見つめることが出来るようになると、それだけでも楽になる

ぽちっと押して下されば元気がでます。特にはてなブックマークで元気爆発します(笑)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ