ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

過去の辛い想い出:理想的な対応をシュミレーション

2016/11/01

今、このブログを見返すと「過去の辛い想い出」というコンテンツにこれだけ多くの記事を書いていたのかと驚く。

発病初期は、辛い想い出がふと浮かぶとお腹が痛くなって15分ぐらいベッドにうずくまっていたから、僕にとっては過去に痛むことは、それほど大きな課題だったのだろう。

何かをしていると、連想ゲームのように過去の辛い想い出が思い出され、それだけで「あぁぁぁぁぁ!!!」となっていた。

過去の辛い想い出は人との関わりで生まれるから、「人と関わることは、辛い想い出を1つずつ積み重ねることだ」と信じて、人と関わることすら辛かった。

それだけ深く長い時間苦しんだが、最近は過去の痛かった想い出を思い出しても、影響されることはなくなってきた。

今、過去の辛い想い出で苦しんでいる方も下にあるコンテンツが少しでも参考になったら嬉しい♪

 

脳内シュミレーションの力

トラウマは、何度も心の中で再体験することで癒やされるという。

それを参考にして、例えば「面倒な気分」も同じように脳内で何度も何度もシュミレーションすると、脳内で何回も経験しているから実際行動するときには、もう一回頭でシュミレーションを繰り返しているような不思議な感覚になる。

そうなるとあれほど面倒でやりたくなかった気分に影響されず行動がスムーズになって、ストレスをほとんど感じなくなった。

 

過去の辛い想い出:理想的な対応をシュミレーション

過去の辛い想い出も同じようにシュミレーションだ!

過去を思い出してもそれほど痛まなくなったら、次はそのとき取るべきだった最良の対応を頭の中でシュミレーションして欲しい。

そうすると癒やされる。

過去に対する苦しみを感じる回路が閉じて、あんなに痛かった過去なのに痛みはなくなり、むしろ「同じことを繰り返さずに、これからより良く生きるための学び」だったと感じるほどまで、時にはそれを笑い話として面白おかしく語れるようになるまでに昇華させることが出来る。

 

ぽちっと押して下されば元気がでます。特にはてなブックマークで元気爆発します(笑)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ