ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

過去をポジティブに捉え直す

2016/07/04

この「過去の痛みから自由になる!」というコンテンツがこんなにも大量の記事で埋まっているということは、それだけ僕が過去の嫌な思い出で苦しんだということだ。

そういえば、最初の頃はちょっとしたことでも想い出すとお腹が痛くなり15分ほどベッドにうずくまっていた。

地獄のような苦しみだ。

 

そういったことを乗り越え、今はほとんど過去に痛まなくなってきた。

どうやって僕がその地獄のような状態から回復出来たかというのは、このコンテンツの他の記事を参考にしてもらったら嬉しい。

 

過去をポジティブに捉え直す

たくさん失敗してきた。

統合失調症という病だから、一般的に考えられる以上の失敗かも知れない。

例えば、飲み屋で飲み過ぎてカウンターから動けず、すなわちトイレにも行けず、カウンターにうっぷして、店の中でゲロゲロ吐いてしまったこと(笑)

例えば、統合失調症の症状の1つだが、我慢できない急激な便意というのがあって、お坊さんの格好で白衣を下痢便まみれにしてしまったこと(笑)

 

そういうことを想い出したら、心は沈んでいたのだが、最近分かったことに、「過去をポジティブに捉え直すこと」で痛みはなくなるということだ。

経験をしたから、自分がコントロール出来なくなるまで深酔いすることはなくなったし、我慢できない便意が急激に来ることがあるから、前日から水分を控えたりとお腹のコンディションを保つことを考えてる。

2度と同じ過ちを繰り返す必要がないということだ。

 

同じことを繰り返さないで好いよというメッセージ

失敗というとネガティブなことと考えられがちだが、失敗は成功の母という言葉もある。

発明王エジソンに「この実験は失敗しましたね・・・」と助手が言ったら彼は「何言ってるんだい? この方法では上手く行かないということが分かっただけじゃないか? 他の方法を探せってことだよ」とあっけらかんと答えたという。

エジソンはどこか突き抜けているから「失敗」という概念が分からなかったのだろう(笑)

 

過去の失敗も同じで、「同じことを繰り返さないで好いよというメッセージ」と捉えると、あんなに辛かった過去からの痛みから自由になれる。

 

そうすると!

「今」の自分の波長がポジティブなものになり、その波長はよりポジティブな現実を生み出していく!

ぽちっと押して下されば元気がでます。特にはてなブックマークで元気爆発します(笑)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ