ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

過去に痛む=そんなに大きな問題ではない

2014/07/02

統合失調症になると繊細になるから、普通の人が痛まないようなちょっとした過去に痛みがちだ。

でも、覚えていて欲しいのは、過去の記憶に痛むということは、実は頭と意識はさほど大きな問題と捉えていない。

本当に大きな痛みだったら、頭が回路をシャットダウンして考えられないようにする。

いわゆるトラウマだ。

 

僕が陽性症状再発したときに、トイレに入ってふと病院の保護室のトイレ、あの恐怖感・絶望感がフラッシュバックしたことがある。

平素はちらとも思い浮かぶこともなかったのだが、保護室(独房)に入ってしまったという、余りにも大きすぎるショックや恐怖感や絶望感で思考回路をシャットダウンしてしまっていたのだと、そのときに気づいた。

 

今、過去の記憶に痛む人は、知っていて欲しい。

過去の痛い記憶を思い出せるという時点で、頭と意識にとってはそれほど大きな痛みではないということだ。

だから、自分が考えているよりも解決はたやすいのだ。

それを知るだけでも少しは楽になるかもしれない。

ぽちっと押して下されば元気がでます。特にはてなブックマークで元気爆発します(笑)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ