ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

過去に痛む理由「比較」

2014/08/06

完全にプライドや自信が折れてしまった。

考えてみれば、ピノキオの鼻のように長くないと折れることはないから、割と自信を持って好いような実績を積んできたんだろう。

ある講習会で、「人が自殺する理由は1つしかない。これ以上生きていてもプライドが保てないと感じたときだ」という言葉を聞いたことがある。

僕は早い時期に希死念慮(自殺願望)からは抜け出したこともあって、今回プライドと自信を完全に喪失したといっても自殺ということは頭によぎらなかったが、久しぶりにうつっぽくはなって、辛い時期を過ごした。

そこから少し回復して、本当の自信は、一度完全に自信が折られてから生まれるのだなぁということに気づいた。

 

「理想の自分」と「過去の自分」

エゴや他人との比較から生まれる自信から抜けると、おもしろい精神的な変化が生まれた。

過去に痛まなくなったのだ。

エゴや他人との比較から生まれる自信は「比較対象」を必要とする。

同様にこうあるべき「理想の自分」とそれには遙かに及ばない「過去の失敗をしてしまった自分」を「比較」して辛くなってしまっていたのだろう。

 

他人と比較する必要はない。

他人と比較してプライドや自信を保たなくてもいい。

人それぞれに他人には真似の出来ない輝く個性があるのだから。

ぽちっと押して下されば元気がでます。特にはてなブックマークで元気爆発します(笑)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ