ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

トラウマを共感し受け入れる人になろう

2013/09/14

僕の大きなトラウマは、「精神分裂病で精神病院に入院歴があり精神病患者」だということだった。(過去形)

心の奥には常にその思いがあり、僕の過去を打ち明けると確実に嫌われる・・・と無意識に感じていたようだ。

そのトラウマが大きかったから、好きになったり、この人と結婚したいと思う人がいたら、無意識に、時には意識的に、どうにか嫌われるように、常識では考えられない、謝っても絶対に許されない極悪人のような行動をしていた。

 

今、振り返ってみると、たとえ僕の過去を正直に伝えたとしても、だからといって嫌われることはなかったように思う。

単に僕がそう思っていただけなのだ。

トラウマを受け入れてくれた人

最近お会いした人を好きになった。

本当に好きになったのと、精神医療への偏見がなくなったのを実感したこともあり、僕の過去を打ち明けた。

好きになった後で、過去を打ち明けるのを躊躇して、嫌われるようなことは2度と繰り返したくないと思ったからだ。

もしそれで嫌われてもしょうがない。

人生で会えただけでも、嬉しいことだからと。

 

そのことを伝えると「それも受け入れるよ。その経験があるから今の優しいhoshuさんがあるのじゃない」というようなことを言われ、今まで心の奥でモヤモヤした霧がいっぺんに晴れ渡るような、そんな清らかな気持ちになった。

 

たった2秒で世界が変わった。

 

トラウマを受け入れてあげて

トラウマから抜け出すには何度も心の中で何回も再体験し、それを表現することだとこのブログに書いてきた。

でも、それで終わりではなく、誰かに本当の意味で共感してもらい受け入れてもらえると本当の意味で癒やされるのだと気付いた。

 

僕ら精神疾患を抱えている、あるいは抱えていた人というのは、絶望に近い苦しみを経験しているから、その分だけ人に優しくなれるし、共感も出来るし、それを受け入れることも出来るようになる。

これから多くの人が医学の進歩の恩恵により、また精神疾患への理解が深まることにより、多くの人が寛解し、病気前より能力的にも心理的にも成長する人がたくさん生まれることだろう。

 

今、苦しんでいる人にも、その苦しみから抜け出した人にもお願いしたいのが、「他人が持っているトラウマに共感し、ただ受け入れてあげて」ということだ。

そうすることで、もっともっと多くの人が本当の意味で救われて、病気になったことを感謝できる程の心境にまでなるように思うから。

 

世界は変わるよ。

 

たった2秒で・・・。

ぽちっと押して下されば元気がでます。特にはてなブックマークで元気爆発します(笑)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ