ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

他人に嫌われたくない想い
~ 僕の根源にあるトラウマ ~

2012/12/16

父は僕が生まれたときには統合失調症を発症していたそうで、僕の記憶ではほぼ入院生活で父とはあまり会ったことも会話したこともなく、たまに家に帰ってきても、昼前まで眠っているような生活で、母との仲も険悪だった。

幼心に恐怖を感じるぐらい。

けんか以外の会話は一度も聞いたことがないように思うし、2人が一緒に笑顔でいることを一度も見たことがない。

父の存在というのは世界から完全に否定されていた。

それぐらいの恐怖の世界。

 

「父のように嫌われたくない」という恐怖心がトラウマとなり発病の一因になっているようにも思うし、心の深い部分で無意識に「完璧な人間じゃないと愛されないんだ」と完璧主義を求め、人からどう思われているかを察知するために、雰囲気を読む感性のアンテナが常人の理解を超えるほどに開かれたのだと思う。

 

人間関係においても、人と繋がりたい渇望と人と繋がった後に完全に否定される恐怖の両方が同時に存在していた。

多くの人と関わりたくて人の中に出て行くが、表面だけの繋がりを求め、心が繋がりそうになると、相手に嫌われるような行動をして、相手が去って行くように仕向けた。

表面で嫌われるのは耐えられるが、父のように存在を完全に否定されることは耐えられないから。

 

今、こうやって自分の心の奥にあるトラウマを見つめ、それを表現できるようになったということは、その恐怖から解放されつつあるのだと思う。

ぽちっと押して下されば元気がでます。特にはてなブックマークで元気爆発します(笑)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ