ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

「何をすればいいか?」考える必要はない

2015/05/04

ここ2ヶ月の超越モードが落ち着いてきて、あらゆる面で大きく成長した。

特筆できる活動は、このブログの異常な(笑)更新、line グループカウンセリング開設、プロジェクト「僕らの創る世界が、すきゾ!」の開始などだ。

 

夢中になっている間は、驚異的な集中力で、正に寝食を忘れる勢いで没頭していった。

しかし、その期間が終わったら、ふと「僕はこれから何を目標として、何をしていけばいいのだろう?」と自分が何をすべきか分からなくなって、ちょっと考え込んでしまった。

 

「何をすればいいか?」考えて分かることはない

「何をすればいいのだろう?」と考えて、「よし!これをしよう!!」と決めても、今までの経験上上手くいかないことが多い。

若い頃は、それでも問題点を見つけ、目標を設定し直すことでどうにか「今自分がすべきこと」を効率良くこなそうとしてきた。

しかし、頭で考えた目標では超越した集中力を発揮することも出来ず、多大なストレスで、長続きしない。

次第に、頭で考えるやり方から、心で感じるやり方にシフトしていった。

 

左脳至高主義の現代だが、思考で分かるのは100のうちせいぜい1か2に過ぎない。

そのために「何をしよう?」と悶々と考えるのは無駄だし、必要もない。

思考はそのように使用するためにはデザインされていないから。

 

これからは感性と感情をツールとして利用するのだ!!

本当の自分がすべきことというのは、自然と心の奥から湧いてくるもので、超越した神すら感じられるほどの集中力や無上の喜びを感じられるなら、正しい道のりにあるということだ。

 

思考ではなく、感情、直感、感性。

 

ぽちっと押して下されば元気がでます。特にはてなブックマークで元気爆発します(笑)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ