ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

不足を嘆くよりもあるものに感謝!

2016/09/22

最近はお金についてのトピックを書くことがなかった。

充分豊かで、お金がさほど大きな問題ではなくなったからだ。

以前はお金についてのトピックを多く書いていたし、ある程度大きな問題だったのだろう。

 

お金が問題にならなくなったプロセス

お金がさほど大きな問題とならなくなったプロセスを考えると、まず欲しいとちょっとでも思ったものは少し無理してでも買うようにして欲しい気持ちを満たしたことや、旅行の際にワンランク上のホテルを利用したりとちょっとした贅沢をしたことだ。

そうすると気分がリッチになって、お財布もリッチになったという感覚だ。

「豊か」な意識が実際の豊かさを引き寄せたということだろう。

もしかしたら我慢や努力して手に入れるというような一般的なプロセスとは真逆なのかもしれないが、不思議なことに上手くいって欲しいと思ったり、したいと思ったことに必要なお金は不思議なことに必ずあるような状況が生まれた。

 

将来のお金のことまで心配する必要ない

ここ数日仕事も特に忙しくなく、ストレスもない時期なので、やることがなくなったのか思い立ってwebでの収入をもうちょっと上げようかなと考えた。

しかし、2日で挫折。

お金のことを考えることやお金のために何かするということが大きなストレスで、今の僕には無理なのだ (笑)

なぜお金が欲しいと思ったかというと、後輩におごったり、彼女さんと旅行に行けたらなぁと感じたからだ。

でも、そのお金は充分にある。

将来必要になる分まで今すぐ手に入れようとしていただけなのかと気付いた。

そのときに必要なお金や環境や人脈は必ず与えられるのだから別に今手に入れる必要はないのだ。

 

不足を嘆くよりも今あるものに感謝すること

お金は数字だから、お金を追い求めると、その性質上決して幸せにはなれない。

100億円持っていても、お金を追い求めるともっと大きな数字を追い求めないと幸せにはなれない。

その人が200億手に入れても、更に大きな数字を追い求めるという地獄の無限ループに陥ってしまう。

 

どうすればお金のことを考えなくて済むかといえば、不足を嘆くよりも、今あるものに感謝をすることだ。

「あるものに感謝すること」、その感謝の波長は豊かさを運んできて、やがて不足という概念が分からなくなるときがやってくるかもしれない。

 

努力や仕事を頑張ってお金を稼ぐというやり方でも、それで学ぶことは多いから否定はしないが、やがて「意識を変えることで現実を変える」ほうがストレスなく楽で楽しく効率が良い!と気付いてその方向にシフトしていけば、人生はもっと楽に豊かになるんじゃないかな?

ぽちっと押して下されば元気がでます。特にはてなブックマークで元気爆発します(笑)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ