ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

好くも悪くも他人の思考に影響されやすい

2017/01/20

統合失調症になると、過敏な程に繊細だから、雰囲気を読んだり、人からどう思われているかということを敏感に察知する。

そして「人からこう思われている」と感じてそれを信じると、好くも悪くも簡単にそのようになりがちだ。

 

北京での再発

北京生活では、今ののんびりとした生活では考えられないほどに忙しく、感性のアンテナも敏感になっていたから、常に陽性症状に近い状態で過ごして、日本にいたら入院してただろうなということも数回あった。

 

そのうち1度は、当時ルームメートだった中国人の女の子が、昼夜逆転した乱れた生活リズムで、外出もあまりしない僕を「この人ちょっとおかしいんじゃない?」と感じ始めて、それを敏感に察知してしまって、本当におかしくなってしまった。

そして、一緒に住んでいる部屋を追い出されて、当時仲の良かったアメリカ人でアーティストのe-chanのところにお世話になることになった。

初日はまだ陽性症状バリバリで、誰が見てもおかしな状態だったが、e-chanはあっけらかんと「何いっているの?早く寝なよ。」と言ってくれて、「あれ?そうなのか僕は疲れて睡眠不足なだけなのか?」 と、瞬間的に正気を取り戻したことがある。

 

どの感情を選択するかは自分次第

世の中には様々な人がいる。

自分のことを好く想ってくれる人も、そうでない人も。

経験が薄いと、ダイレクトに自分が感じたことを受け入れてしまいがちだが、やがて自分にとって心地良い感情を選択して受け入れられるようになる。

「こう思われていることを受け入れよう」と選択することが出来るようになって、理想とする自分に近づくことが容易になってくる!

統合失調症になったアドバンテージの1つだよね♪

 

ブログランキング参加しています。1日1回応援クリックしてね♪(*^-^*)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
サイトの引用・リンクはご自由に♪

ぽちっと押して下されば元気がでます。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
お願い♪contents Lineスタンプ「あいさつぶた」