ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

感情が伝わることは素敵なこと!

2013/04/10

北京で生活していた頃に気功師と知り合い、その職場に招待されたことがある。

気功師は「気」の力で病気を治す職業で、中国では日本の医師と同じように考えられていて日常に溢れている。

その気功師が、ある患者さんが帰った後、ぽつりと、

「膝痛いの治すと、あたしの膝が痛くなるから、辛いんだよね・・・」と言った。

 

相手のネガティブな感情を受けるのは辛い

その気分は僕には凄く分かる。

僕の場合、相手のネガティブな感情を受けて、それを自分の中で浄化する感覚だ。

相手のネガティブな感情を僕の中に取り込んで浄化することは、相当に辛い。

若い頃に、悪い霊がついたからお祓いをしてくれと、言われたことがあり、その頃はまだ精神的に未熟で、そのネガティブを自分の中に受けてしまい半年ほど調子が悪くなったことがある。

 

感情は自然と繋がってしまうから、それを浄化しないと自分が辛くなるから、しょうがない。

しかも相手のネガティブを浄化したとしても相手はそれに気付かない。

「あれ?何かしらないけど調子が良くなった!」ということが多い。

相手は自然と治ったと思うからあまり感謝もされないし、金銭的な報酬には繋がらないし、「これだけネガティブを僕の中に取り込んで浄化したのに、それに対する感謝や報酬が足りない!!」と抑圧された怒りのようなものを感じることが多かった。

精神的な成長が一番の報酬!

でも、最近はその人のネガティブな感情を浄化すると言うことは、自分の中にある似た波長のネガティブを浄化することと同じで、僕の精神的な成長が得られるのだと気付いた。

精神的な成長というのが一番の報酬なんだと気付いた。

 

現在の思考が変わると過去が物理的に変わる

そうなると、今まで心の奥にあった抑圧されたやり場のない怒りのようなものが浄化されて、楽になった。

過去は自分の頭の中にある幻想でしかないから、現在の思考が変わると過去は変わる。

過去への痛みが大きい人は、今の自分の心のあり方を変えることで、痛みという幻想から逃れられるように思う。

感情が伝わることは素敵なことだ!

相手のネガティブ、即ち自分の中にあるネガティブを浄化すると、最期に残るのはポジティブな感情しかなくなる。

それは相手のポジティブな感情と繋がることが出来るようになると言うことだ。

愛情であったり穏やかさであったり平穏な和やかさであったりと。

そういう感情で人と繋がるようになれると、世界はバラ色!

「相手の感情が伝わるって何て辛いんだ・・・」から「相手の感情が伝わることは素敵なことなんだ!」っていうネガポジ変換だね(*^_^*)

ぽちっと押して下されば元気がでます。特にはてなブックマークで元気爆発します(笑)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ