ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

統合失調症の患者と空気を読めない発言

2012/11/17

統合失調症の空気を読む能力はハンパない!では統合失調症患者がどれだけ空気を読む能力が高いのかを書いてみた。

でも、多くの人は「何で統合失調症の人は空気を読めない発言をするんだろう?」と感じている人も多いと思う。

なぜか?

一般的な感性では捉えきれないほど繊細な心の動きを感じているから、というのが僕の結論だ。

 

初回の入院では「何でこの人こんな行動するんだろう?やっぱり心の病だから分からないのかな?」と思っていた患者さんがいた。

それが2度目の入院でもその人に出会うことができて、僕が間違っていた言うことが分かった。

海外生活中に生き延びるために常にアンテナを最大限敏感にして、自分の感性も更に高まったからだ。

普通の人では感じないほど繊細な心の動きに過敏に反応するから、普通の人の視点では「わけが分からない行動」をしているのだけど、自分が同じような繊細さを持つようになると、なぜそういう行動に出来るのか感覚的にも論理的にも理解できるようになった。

それを説明して理解してもらうには同じ程度の感覚的な繊細さを持っている人じゃないと無理だし、もしそういう人なら説明しなくても分かるだろう。

統合失調症を看護する人へ

統合失調症を看護する立場の人も「空気の読めない発言や行動をする」ことについてはイライラしたり、この子はおかしいんじゃないかとか思いがちだけど、そうではなく、一般の常識では計れないほど繊細だから、そういう発言や行動になると言うことを知ってもらいたい。

 

初めのうちは完全に理解することは、まず無理だけど、真摯に向き合って、そのうち感性が開かれてるくると、本当の意味が分かるときがやってくるように思う。

ぽちっと押して下されば元気がでます。特にはてなブックマークで元気爆発します(笑)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ