ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

まず、自分自身に感謝すること
~ 眠る前には、自分自身にありがとう! ~

2014/07/23

統合失調症を発症してしまったという事実は、自分自身に対する感謝の念を忘れさせてしまっていた。

そういえず、自分に「ありがとう」と言ったのはいつだったのか、あまりにも長い時間を経ているのか、記憶にない。

もしかしたら、統合失調症を発症して今まで1度もなかったのかもしれない。

 

自分に感謝するというより、統合失調症になってしまった自分が嫌いで深い憎悪が心の奥に潜んでいたように思う。

 

その波長は人間関係にも影響して、「嫌・憎」の波長が世界と同調してしまって、「嫌・憎」ベースの人間関係を生み出して、常識では考えられないような酷い別れ方で、完全に人間関係が壊れるというのを何度繰り返してきただろう。

そのこともあって、人と関わることが怖いのか、出来るだけ人とは関わりたくないと思っていた。

それは、自分自身に感謝することを忘れていたという理由が1番大きいように思う。

 

眠る前には、自分自身にありがとう!

まず最初にすることは、眠る前に自分自身にありがとう!という習慣をつけよう。

今日1日辛くても頑張ってくれた心と体にありがとう!

薬を飲んでいるのに、それでも調子を保ってくれている体に感謝!

乱れた生活リズムでも、体調を保ってくれている体に感謝。

精神的な乱れからタバコを吸いすぎてもコーヒーを飲み過ぎても、体調を保ってくれる体にありがとう。

ありがとう。

感謝しきれないほどです。

 

感謝の波長は世界に放射される

そうやって自分自身に感謝できるようになると、その波長が自分の中から放射されて、世界に影響を及ぼす。

すなわち、「嫌・憎」ベースの人間関係が「感謝」ベースに変わるということだ。

これから、「感謝」の波長が僕に何を運んできてくれるのか、今から楽しみにしているところだ(*^_^*)

ぽちっと押して下されば元気がでます。特にはてなブックマークで元気爆発します(笑)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ