ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

相手に不快な感情を抱くときは成長のチャンス

2016/07/21

メールやLineグループをやっていると、時には不快な感情が生まれることがある。

ネガティブな発言で気分の重くなったり、謎の上から目線だったり、攻撃的なメールだったり・・・。

よくこのブログを続けているものだとある意味感心する 笑

 

相手に不快な感情を抱くときは成長のチャンス

なぜ、それほど不快な感情を感じながらブログを続けているかというと、相手に不快な感情を感じるのは、相手に責任があるのではなく、自分の器が小さいからだと直感しているからだろう。

相手より遙かなる高みにあれば、イライラすることも気分が重くなることもなくなる。

 

Lineグループ

Lineグループでは、毎日のように「不安です」と伝える人がいて、それを見るだけで心が重くなってしまっていたが、最近は同じような不安を乗り越えた人がグループに入り、目から鱗が落ちるほど的確なアドバイスをして、非常に参考になる。

高いレベルで共感し、自らの経験から、不安を乗り越えるためのアドバイスをしている。

そのやりとりで不安になったりイライラしてしまった自分の至らなさというのがハッキリ分かって、心理的に成長したのが分かる。

僕自身基本的に楽観的で、極限の不安は感じたことがなかったから、毎日のように「不安です」と伝えられると、気分が重くなったり、イライラしてしまっていただけだ。

 

相手に対して不快な感情を抱くのは、自分が成長するチャンスと捉えよう!

ぽちっと押して下されば元気がでます。特にはてなブックマークで元気爆発します(笑)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ