ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

調子の悪さを人のせいにしない

2015/04/22

京都で修行中。

今回は久々にちょっとしたことにイラッとして、それが態度に出てしまった節がある。

「50人ぐらいが同じ部屋で寝泊まりしてるから悪い波長でも受けたかな?」と、自分の至らなさを棚上げしてそう思ってしまったけど、どうやら違う。

 

こうしてブログを更新する時間があるほど、楽な修行ではあるのだけど、やはり普段の生活からすると、自由にならないこともあり、ストレスは溜まりがちだ。

そのため心理的にも若干疲れ、ネガティブな波長に同調してしまったのだろと自己分析してみた。

決して調子の悪さは人の影響を受けたせいではない。

 

心が決める

「心地よい」と感じるか「嫌だ」と感じるかは、目の前にどのような事象現実が広がっているかには依らない。

自分の心がどう感じるか?

それが現実を生み出していく。

目の前の現実にイライラしていくと、自分の波長が落ちているということで、長くその波長に留まっていると、現実に更に投影されて、もっと酷い気分を生むような現実が生まれがちで、あまりにも波長が低くなって現実も辛いものとなると、イライラの他に何も見えなくなって、そこから抜け出すだけでも高負荷で耐えるのが不可能なほど多大なストレスが掛かる。

 

暗闇から学ぶこと

このトピックを読んでいる人は、周りに絶望的な状況しか見えなくなる前に、自分の心を見つめ直して欲しい。

暗闇に陥る前に、そこから抜け出すことが出来ると、回復も早いし、精神的なストレスはずっと少ないし、人生は超速スピードで楽しくなるから!

 

「その暗闇で学ぶことがあるんじゃないの?」と感じる人もいるだろう。

確かに大切な学びを得ることが出来る。

それは・・・

暗闇で学ぶことはない!という真理だ。(笑)

 

心地よい快活な波長で!

普段から肉体的・心理的なストレスが掛からないように、自分の心を穏やかに快活に、自己管理をしっかりとして好調を保つようにしていれば、そういう波長と繋がり、イライラもストレスも掛からなくなり、長くその波長に繋がっていると現実には心地よい波長しか感じない世界、少しのネガティブも感じない楽しいヒカリの世界が目の前には投影されていく。

 

イライラするのは、人のせいじゃない。

自分の心のあり方が間違っているからなんだ。

 

ぽちっと押して下されば元気がでます。特にはてなブックマークで元気爆発します(笑)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ