ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

他人の批判や判断をする必要はない

2012/03/21

「キミはこういう人なんだね」と言われて、「違うよ。僕はそんな人じゃない。」と心の中であるいは言葉に出して反論したことはないだろうか?

得てしてそういう人は同じように他人のことを「あいつはダメだ」とか批判したり、「あいつはこういう奴だ」などと判断しがちだ。

似たもの同士は集まるというが、良い意味でも悪い意味でもそれは当てはまる。

 

相手を批判したり判断してしまうと自分の意識レベルがそのレベルと同じになってしまう。

相手に対してイライラした感情を持って接すれば、相手も同じようにイライラすることは皆経験上知っていることじゃないのかな。

 

僕が外から観ている他人と、他人が内側から感じている自分自身って、同じであるわけがない。

「判断や批判のフィルター」を通して主観的に観るから、そう見えるだけなんだ。

面白いことに「判断や批判のフィルター」を外して、ただありのままの相手の姿を受け入れられるようになると、今まで見えなかった本質 – キラキラと宝石のように輝いている心 - が見えてきて、ストレスのない友好的な関係を築きやすくなる。

一度それが分かると、そもそも相手を批判や判断する必要なんてないんだと気付いて楽になる。

 

ぽちっと押して下されば元気がでます。特にはてなブックマークで元気爆発します(笑)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ