ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

出会いと別れ:80点の店には80点の客

2013/05/20

神との対話 」がスピリチュアル系の入門書だとしたら、葦原瑞穂著の「黎明」は精神世界を更に深く掘り下げた良書だと思う。

一時期はバイブル的に毎日読んでいた。

著者によると読む人の精神的進歩の度合いによって受け取るメッセージは違うとの言葉通り読む度に新たな発見がある。

コーヒーショップのオーナーのエピソード

その「黎明」の中で印象深いエピソードがある。

あるコーヒーショップのオーナーの話だ。

「僕が60点のコーヒーを作っていた頃は、60点のお客さんが来てくれていた。80点のコーヒーを作れるようになると80点のお客さんが来てくれるようになった。これから僕がもっと美味しいコーヒーを入れられるようになったら、どうなるか楽しみだ。」

 

今現実の世界で人間関係に苦しんでいる人は、相手を批判したり変えようとするのは無意味だ。

むしろ苦しみを増長させてしまう。

60点の自分だったら60点の相手が見える。

80点の自分だったら80点の相手が見える。

自己を高めることで相手の今まで見えなかった側面を観ることが人間関係を改善させるためには最良の方法だ。

出会いと別れ

自分の現実に新たな人が現れたときには「自分のレベルが高まったから」だと捉えれば、楽しくなる。

その人から学ぶことがなくなったり、あまりにも点数が離れてしまうと、その人は現実から去って行く。

去って行く人がいるということは、悲しむべきことではない。

幸せ回路を作動♪させて「1つの学びが終わって自分のレベルが高まったからだ」と考えると、楽だし楽しくなる。

 

「人生に意味は無い」

完全なる自由意思が与えられていて、自分が好きなように解釈し定義し体験できる場だ。

「悲しい」と考えて悲しい現実を作るのも自由だし、「成長」だと捉えて更なる高みを目指すのも自由だ。

ぽちっと押して下されば元気がでます。特にはてなブックマークで元気爆発します(笑)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ