ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

人の悪意が怖い

2016/05/28

人によると統合失調症というと「刃物を持ったキチガイ」のような偏見があるかもしれない。

しかし、僕が今まで関わってきた人の中にそういう人はいない。

むしろ、人の悪意に怯えながら暮らしているのが統合失調症を発症するほど繊細な感覚を持った人たちなんだ。

 

一般の人は悪意をむき出しにする

一般の人は心の悪意を表面に出しても、それがどれほど繊細な感覚の僕らを傷つけるのか分かってないし、多くは自分が持っている悪意に気付いていない。

それが怖い。

刃物を持ったキチガイは一般の人だよ(笑)

そういう世界で正常を保っている方がおかしいし、おかしくならない方がおかしい(笑)

 

心のバリアを張らないで好い関係を知る

これは、Lineグループオフ会で気付いたのだけど、僕は今まで自分が傷つけられないように無意識に常時心のバリアを張っていたということだ。

心を許していると思ってた家族でも、やはり心の奥にはバリアを張って接している。

 

その心の壁を取り払って人との関わりを怖くないものにするにはどうすれば好いかというと、心の壁がない関係があると知ることだ。

自分はありのままで好いと気付くこと。

オフ会の後は人との関わりがずいぶんと楽になった。

ぽちっと押して下されば元気がでます。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
プロジェクト資金カンパのお願い