ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

他人から嫌われることはネガティブではない

2012/12/28

感情には「ネガティブ」も「ポジティブ」もない!のトピックを書いた。

同じように「人から嫌われたくない」という想いは、「人から嫌われることはネガティブなこと」と自分がラベルを貼っているだけに過ぎないのだと気づいた。

ネガティブからポジティブへの変換

例えば、ピーマンがあったとする。

それを嫌いな人は絶対にいるだろう。

「本当に美味いピーマンを食べたことがない人がそんなことを言うんだ」と反論があるかもしれないが、好き嫌いってそんな単純なものではない。

嫌いな物はいくら美味しくても食べられない。

 

人間関係でも同じことだ。

僕を嫌いな人はどうやっても好きになれないでしょう。

それを無理矢理、好きになって欲しいと行動しても、不毛な努力だし、悪い言葉で言えば「相手への干渉」だ。

 

ピーマンに出来ることは、美味しいピーマンになること。

美味しいと思って貰える人にだけ美味しいと思って貰えればいい。

嫌いな人がいてもそれは、それでしょうがない。

 

僕に出来ることは、本来ありのままの自分を100%表現すること。

そんな僕が好きな人もいるし、嫌いな人もいる。

それだけだ。

本来ありのままの自分を表現する世界

今日はそういうことを考えつつ寺小屋(塾)の時間を過ごした。

中学校1年生と2年生だったんだけど、そしたら自分でもびっくりするぐらい、皆が自分を自分らしく表現している世界が見えてきた。

別に僕が相手を変えようと思って変えたわけではない。

僕が変わったから、それが雰囲気として伝わり、現実が変わり、今まで見えなかった世界が見えてきた感じだ。

 

僕らは原子で出来ている。

僕が変われば、同じように原子から出来ている相手に影響を与えると考えれば分かりやすいのかもしれない。

 

ありのままの自分を100%表現する世界に入ろう!

ぽちっと押して下されば元気がでます。特にはてなブックマークで元気爆発します(笑)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ