ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

自分が思うほど人は自分のことに関心がない

2014/05/21

どんな過去の痛みや悲しみがあったとしても、知っていて欲しいのは、他人は自分が思うほど自分のことを気にしていないということだ。

そう思うと実際にそういう現実が生まれやすくなり、過去の痛みや悲しみに影響されることが少なくなる。

 

ネガティブな思考はネガティブな現実に繋がる

こういう相談メールを頂いた。

私はダメな人間で、私は相手に嫌われていて(というより憎悪に近い感情を抱かれていて)、それは相手にとってずっと変わらないことで、この先も変えることができないんだ、、、私が存在しているだけで、私の名前をどこかで聞くだけで嫌な顔をされる存在なんだと思ったらもう堪えきれなくなりそうです。

 

こんなふうに重たく考えてしまうと、相手にはその気は全くないのに、相手のちょっとした言動をネガティブに捉えてしまい、結果自分の現実が本当に重たいネガティブなものになってしまう。

重たい波長は好まれないから、仲良かった人と疎遠になってしまうこともありがちだろう。

思考は現実のものになるから。

 

相手は自分が思うほど自分のことを気にしていない。

多くの人は興味の中心はやはり自分自身で、他の人のことを考えるようなゆとりはあまりないように思う。

それが分かると、楽になる人は多いのではないかな?

ぽちっと押して下されば元気がでます。特にはてなブックマークで元気爆発します(笑)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ