ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

女性関係に対する「焦り」がなくなった

2013/10/05

以前の僕は、今考えると女性に関して焦っていた部分もあった。

分かりやすく表現すると、まだ浅い関係のうちからセックスを求めて、拒否されて、「あぁやっぱり僕は受け入れられないんだ・・・。」と凹むパターン。

その焦りの背景にあったのは「精神分裂病で独房にも入ったことがある精神病患者の僕だけど、ありのままの僕を一刻も早く!受け入れて欲しい!!」という強烈なトラウマだったのだと思う。

 

それが、僕の強烈なトラウマを共感して受け入れてくれる人が現れたことで楽になった。

今は「何であんなに焦っていたんだろう?セックス拒否されるの当たり前じゃん(苦笑)」とすら冷静に振り返られるから本当の意味でそのトラウマから自由になることが出来たんだろう。

 

新しい世界。僕はもてる人らしいよ(^_^)v

そういう焦りから抜けると面白い現実が見えるようになってきた。

9月30日から10月3日までの出張中に「占いバー」というお店に行った。

ママは85歳で50年以上この占いの店をやっているという。

人の運命を見て背中を押すのが好きな人だから支持されてこれほど長く続けられている店なんだろうなと感じた。

僕の占いをしてくれて、「あなたは、すごくもてるの。あなたと結婚を考える人にアドバイスをするなら、この人はすごくもてるから浮気は必ずするからそれに耐えられたら結婚しなさい」というようなことを言われた。

それを聞いて嬉しくなって、女性関係に対する不安や焦りが全くといっていいほどなくなった。

むしろ心に「ゆとり」が生まれた。

今回も世界は5秒ぐらいで変わっちゃった(^_^)v

 

「焦り」から始めたことは上手くいかないことが多い

男女の関係に関わらず、人生の様々な場面に於いて「焦り」から始めたことは上手くいかないことが多い。

また悪いことに「焦り」の世界の中では、それが普通で自分の中に「焦り」があるとは気づきにくい。

どうすればいいのか? という答えに王道はないように思う。

自分と向き合い、段階的に自分を高めていって、ある段階を超えたら、あるときふと自分の中の「焦り」に気づく。

そうなるときは必ず来るから、出来るだけ心の「ゆとり」に焦点を当てつつ日々を過ごすことが一番の近道ではあると考える今日この頃だ。

 

でも、「焦り」から抜けた世界が何と楽なことか!!

背中に羽が生えたみたい。

ぽちっと押して下されば元気がでます。特にはてなブックマークで元気爆発します(笑)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ