ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

肩の力を抜く段階

2014/07/31

僕が海外で生活していたときには、常に高いレベルで緊張していたように思う。

環境が、北京では世界最先端、ウィーンでは世界最高峰に近い場所で働いていたということもあるだろうけど、肩の力を抜いて「出来る範囲でいいや」と考えながら仕事をすることはなかった。

何にしろ最高のものを作りたい!という意識が強くて、その意識の高さが、僕を最先端や最高峰のアートの場に運んで行ってくれたのではないかと今では感じている。

 

日本に帰ってきてからも、友達に頼まれる結婚式の映像を作るときには、「この作品を作り上げることが出来て、その結果自分が死んでしまっても満足だ」というような、ある種究極の精神状態になっていた。

その極限の状態では、奇跡のようなことが次々と起こる。

 

しかし、今はその仕事のやり方に疑問を感じていて、肩の力を抜いてやることを考えている。

すべてに於いてそういう意識の高さを持っていると、体力的にも精神的にも保てないほどに多くの仕事が舞い込んできているからだ。

ただ、肩の力を抜いてやることを考えたことは1度もないので、これからどういう仕事が出来て、それは僕を何所に連れて行ってくれるかは、まだ分からない。

ぽちっと押して下されば元気がでます。特にはてなブックマークで元気爆発します(笑)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ