ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

一人で抱え込む必要はない

2014/08/26

統合失調症になってしまうと、誰にも相談できずに、自分も看護する家族も1人で抱え込みがちになる。

それが、仕事に対しても無意識にそういう意識で取り組んでしまって、押しつぶされそうになってしまっていた。

 

先輩に頼むのは失礼じゃない

そういう事情もあって1人で色んなことを抱え込みがちになり、人に何かを頼むこと、特に先輩にお願いするのは失礼に当たると無意識に、しかも強烈に感じていた。

先輩から「年上の方が分かってることは多いんだし、色々頼めば楽になるよ」との金言を貰って楽になった。

それは甘えとは違う。

自分の能力では追いつかない部分をお願いするということだから、ありがたくお願いすればいい。

すべてを1人で抱え込む必要はないんだ。

 

みんながいるから

8月は様々なイベントが重なってしまって、今までの僕の仕事のやり方では精神的にも肉体的にも限界に近かった。

そういうとき別の先輩から「まぁどうにかなるんじゃね?と軽く考えて、みんながいるから助け合いながらやれば大丈夫だよ」と、また心に響く言葉をかけてもらった。

そう。

僕らは1人じゃない。

1人で抱え込む必要はないんだ!!

みんなが助け合って作り上げるんだ!!

 

統合失調症も1人で抱え込まない

統合失調症の患者自身、介護する家族、一昔前まではインターネットもなく1人で抱え込まざるを得なかったというのは想像に難くない。

でも、今はネットで繋がれる!

僕がこうやって自分の病気について赤裸々に書いていることも、多くの人にとって心安まるし、楽観的になれるし、希望のヒカリとなれることは、頂く感想メールからも容易に感じることが出来る。

僕のブログが心に響かない人は他のブログも沢山ある。

 

僕のようにメールカウンセリングを受け付けている方(link メンタル心理カウンセラー momoko)もいるし、ブログのコメント欄で情報交換しているブログ(☆娘と共に・・・☆ )もある。

僕らは1人ではない。

 

1人で抱え込むには、この病気は重たすぎるから。

僕のブログが1人でも多くの人の救いとなれば嬉しいと思っている。

先人たちの辛酸を極めた努力の恩恵もあって、1人で抱え込む必要はない時代になったんだよ。

ぽちっと押して下されば元気がでます。特にはてなブックマークで元気爆発します(笑)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ