ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

やることが多すぎて何をすれば好いか分からないとき
100-1=99

2016/11/12

あまりにもやることが多すぎて、何から手をつけて分からないから、結局何も出来ないことがある。

それがそれほど重要ではないことだったら、なおさらだ。

例えば、汚部屋に住んでいる人は、好き好んで汚部屋にしているわけではなく、片付けないといけない物や掃除する場所が多くなりすぎて、何から手を付けて好いか分からなくなっているという理由もあるだろう。

 

100-1=99

あまりにもやることが多すぎて、何から手をつけて分からないと感じるときときは、他のことは忘れて、ふと思いついた課題を1つだけ解決してみよう。

やることが100あったとしても、1を引くと99になる!

そしてその1は2度と考えなくて良い!

1つずつ解決していくと、100あったものが段々と少なくなり、次第に心にゆとりが生まれて、問題を解決した経験も重なって、解決速度は段々と速まり、やがてはやることは0になるだろう。

 

統合失調症からの回復も100-1=99

統合失調症からの回復も同じように、心の課題を1つずつ丁寧に解決した結果が完全寛解!!に繋がったということに疑いはない。

最初は100の課題があるから、初めのうちはそりゃ大変だけど、段々と課題が少なくなってきたら、ゆとりが生まれてきて、問題を解決した経験のおかげもあり、回復は指数関数的に爆発的に進み、やがて完全寛解!!という一般の人では感じられないほどの幸福感とともに過ごせる理想郷がやってくるから!

楽しみにね♪

 

100-1=99!

これを繰り返していくだけだ!

統合失調症から完全寛解!!した僕にとっては、それと比べると何と簡単なことなんだろう!(笑)

 

ぽちっと押して下されば元気がでます。特にはてなブックマークで元気爆発します(笑)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ