ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

頭がまとまると「やることは少ない」と思える

2016/12/29

忙しすぎると、「あれもしなきゃ!これもしなきゃ!」と、頭がいっぱいいっぱいになることがある。

そういうときには、取り敢えず1つずつ課題を解決していくことを考えていた。

しかし、1つの課題が終わると、新たな課題がやってきて、頭をまとめる時間もなく、同じように「あぁ・・・やることが多すぎ・・・」となって、ストレスが大きくなりすぎて、何も出来なくなることも多かった。

 

頭がまとまるのを待つ時間を創る

そういうときには、課題をこなそうと行動するよりも、何もしないで頭がまとまるのを待つ時間を創ればいい。

そうやってしばらくすると、頭がまとまって、あれほど多くの課題があったのに、「あれ?やることって少ないな?」と感じるときがやってくる。

そうなってから行動すると、効率が格段によくなる。

短い視点で考えると、やることが多い時期に何も出来ないから効率が悪いように感じるかも知れないが、長い視点で考えると、頭がまとまってから行動すると、同じ量の課題を抱えていても、やることは少ないと感じるから、楽に効率良く活動することが出来るようになる。

 

忙しくてやることがいっぱいあるときには、最低限の課題だけこなして、後はのんびりと頭がまとまるのを待ってから始めるのが「吉」だ!

のんびり、リラックス出来る時間を持とう!

ぽちっと押して下されば元気がでます。特にはてなブックマークで元気爆発します(笑)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ